東北一怖い道の駅、秋田県「あに」 - とうほく見所より所

人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    東北一怖い道の駅、秋田県「あに」

     あちこち、車での旅行や移動、昔は高速も無く勿論PAも道の駅もありませんでした。

     大介です。長距離を車で移動する時に、一番困るのはトイレでした。
     日中なら、スーパーや大き目な商店に立ち寄ればよかったですが、町はずれや峠、そんな時は、まず探すのは、24時間の無人のゲーセンや自販で食べられるPAでした。
     或いは、ロードマップで鉄道の駅を探すことでした。

     いずれ、綺麗なトイレは期待できなかったので、我慢を強いられたというのが実情だったと思います。

     さて、怖い道の駅の話でした。

     都会近くの道の駅なら24時間車がいたりして、ある程度賑やかなのですが、田舎や地方に行けば行くほど人気は無くなり、停まっている車さえ無い道の駅はたくさんあります。

     そんな中、道の駅はトイレタイムで重要な立ち寄り所。でも立寄れないのが、道の駅「あに」特に夜は無理ですね。

    道の駅あに、またたび館3.jpg
     ↑ここがトイレの入り口です。
     正面に大きな高い街燈があるため、建物の軒下は影で暗くてよくわかりません。
     
     この出入口から入って、左側へとぐるりとまわったところにトイレがあるんです。

    道の駅あに、またたび館.jpg

    道の駅あに、またたび館2.jpg

     何が怖いって、トイレへのアプローチが自動ドアを入ってから長すぎます。それも自動ライト点灯でこわいのなんのって。

     もう一つは、建物の前に、人の丈ほどもある木彫りの像が何個も並んでいることです。
     駐車場を照らすライトからの光でさらに像が怖さを増しています。
     こんな所で、大人ならまたしも女性や子供はトイレにも行けません。
     彫刻が動いてきたり、睨まれたりしているようです。
     木彫りの彫刻の後ろから誰か隠れていて、襲われそうです。

     地元の人にとっては、静かで、日中は地産品の販売でにぎわっていいのでしょうが、本来の道の駅としての機能はどうかなと思ってしまいます。

     これをもっと変えるとしたら、
     ・駐車場の駐車位置や通路を明確にすること。冬は特にどこに止めていいやらわかりません。
     ・トイレの場所、入口が車内から見えて、アプローチの長さを短くして常に明るくすること。
     ・木彫りの彫刻は、屋内の隅に展示するなどほどほどの数にして影を作らないこと。
     ・軒下など、夜でも視認性をある程度確保すること。

     防犯の観点からすれば、全て悪条件が揃った道の駅です。

     夜はトイレや仮眠どころか、ジュースも怖くて買えません。

     手掘りの造形物は、芸術的には素晴らしいでしょうが、反面、創作者の思いや魂が込められていますよね。
    タグキーワード
    2014-12-17 03:16 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.