天童「肉そば」濃厚な雑煮のスープとそばのコラボです。 - とうほく見所より所

人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    天童「肉そば」濃厚な雑煮のスープとそばのコラボです。

     山形県、天童市、「そば処 一庵」 肉ソバ。

     食べログ 3.5 「そば処 一庵」

    一庵_山形.jpg

    一庵_メニュー.jpg

     暖かいのと冷たいのがあって猛暑の一日、冷たい方を頼みました。

     冷たいスープですが、これは美味しいですね。上品かつ濃厚な鳥の出汁です。
     とかく冷たいスープというと、冷やす関係からか薄まった感か゜あるのですがしっかり味がします。
     
     鳥から出た脂が浮いた醤油の澄んだスープは、正月のお雑煮の汁を濃くしたような感じです。

     麺はそばカラをむいた実を、そのまんま挽いてついた黒くて太い麺です。歯ごたえも丁度良くボリュームもあります。
     このそばの表面のざらざらに、鳥の脂、スープがからみツルツルと吸いやすく食べやすくなります。

     このそばは一度食べておくべきですよね。
     ガッチリしっかり、体力と栄養をとるためのそばです。

    一庵_肉そば.jpg

     一方中華は、太麺の鳥スープの多少こってり感のある中華です。
     また行くときがあったら、食べてみたいと思います。

    一庵_中華.jpg

     また、中華とは別に、和風ラーメンというのがあります。

     とにかく、暖かいのから冷たいのまで、ざるソバからラーメンまで、オールマイティーなそば屋さんです。


     店内は、テーブル席、カウンター、小上がりと、60席以上あるでしょうか。

     ちょっと残念だったのは、店内に入ると、天井が高く太い無垢の梁が目につきとっても立派でいいですが、他の部分とあまりにもちぐはぐです。
     店舗専門のプロデューサーいなかったんだとは思います。
     
     たぶん天童木工と思われる広めの洋風のテーブルと少し肘付のイス。小上がりは和風の昔ながらの大きいテーブル。張りぼてのトイレの扉、立てつけの良くない入口の風除室の扉。全体がとってもアンバランスです。
     無垢板と思われる腰板に、洋風のトイレ入り口の扉。

     それぞれの物にお金がかかっているのはとっても良くわかりますが、残念ですね。
     これだけお金をかけるならもっとレイアウトや内装、家具・建具を吟味すればよかったのにと思ってしまいます。

     私なりに考えるなら、椅子席はちょっと広めの業務用のテーブルとイス、小上がりは掘りごたつ式のテーブルに、トイレの入り口は引き戸は、多少視線を塞ぐか、凹ませてから。

     もったいなかった店内でした。より以上の美味しい味に感じられたんじゃないでしょうか。 
    ポチッとお願いします。     

    2015-07-27 04:51 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.