白布温泉、東北の秘湯、紅葉・新緑がお勧め。 - とうほく見所より所

人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    白布温泉、東北の秘湯、紅葉・新緑がお勧め。

     一度通ったことはあるが、まだ立ち寄ったことがありません。

    米沢市森林体験交流センター パンフA.JPG

     山形県と福島県の県境、米沢と檜原湖を結ぶ県道2号線の山形側です。
     冬季は閉鎖とにり、夜も通行止めとなる豪雪地帯です。
    白布 天元台 .JPG
     今回は、この白布温泉のお湯に浸かることとしました。
     年寄の域に近づき、朝が早くなる今日この頃。

     ネットで調べてみると、温泉宿の日帰りの温泉は、11時頃から・・・・。
     調べてみたら、森の館(米沢市森林体験交流センター)のお風呂が冬季で9時半から入れます。
     天元台スキー場の入口に位置したこの施設は、スキー客にとっては、絶好のぬくもり場所にちがいありません。
    米沢市森林体験交流センター 白布温泉.JPG

    米沢市森林体験交流センター 浴槽.JPG

     森の館(米沢市森林体験交流センター)の温泉ですが、男湯の湯船は、短辺5メートルほどの三角形。内湯のみです、ちょっと物足りない気もします。

     泉質はさっぱりして、無色透明、一番風呂にはいってきました。
     ちょっと熱めでしたが、水道水のホースを少し流して丁度良い温度。
     まあ、この辺の山麓の水ですから、ほぼ自然の水といっていいでしょう。

     窓からは、冬枯れの積雪前の森の様子ですが、これもまた自然というか、風景の一部です。
     温泉を出た後は、座敷もありますが、ホールのペレットストーブの前で木材や木地玩具、若い時にはあまり興味の無いものですが、歳とともに、こんなものに興味を示してきます。
     山間の森林資料館という感じです。

    米沢市森林体験交流センター 内部.JPG

     ゆっくりと、一人で温泉を占有してはいってきました。

     あとから、ボチボチと入浴の人がやってきました。
     備え付けは、固形石鹸のみです。入浴料400円弱、自分はこれで十分です。
     
     新緑や紅葉シーズン、近くに天元台スキー場がありますからそんな、シーズンにはもっと入浴する人はいると思いますが、自分はこんな閑散とした温泉でも十分です。
     なにより気をつかわず、ゆったりリラックスできます。

    米沢市森林体験交流センター パンフB.JPG

     
    ポチッとお願いします。  

    タグキーワード
    2016-12-04 05:23 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.