大介流、スタッドレスタイヤの選び方、買い方。 - とうほく見所より所

人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    大介流、スタッドレスタイヤの選び方、買い方。

     いろんなサイトにスタッドレスの性能や評価が書いてありますが、ひとまず買えれば良いと言う人のための選び方です。

    ブリザックSI-12 スタッドレス.JPG

     いろんなメーカーのタイヤの性能を調べていっても、実際買うとなれば、そのサイズがあるのかとか、そのグレードがあるか、ホイールはどするかなど、その場で決断しなければならない場面になります。
     ですから、これから説明するのは、実践編です。

     スタッドレスを買いに行くとなれば、行く前に決めておかなくてならないことが、一つあります。
     それは、ホイールとセットで買うのか、タイヤだけスタッドレスと交換するのかということです。

     まず初めに、自分の車にあったタイヤサイズですが、運転席後ろ側のセンターピラー、空気圧の書いてあるところに書いてあります。
     面倒だったり、分からなければお店に聞けばすぐにわかります。

    スタッドレスタイヤVRX 減り具合.JPG

     スタッドレスタイヤの選び方のポイント二つだけ。

    @国産メーカーのスタッドレスタイヤを選ぶ。
    A価格の違いは性能の違いです。

     この二つを守っていれば、ある程度納得できるタイヤが選べると思います。

    国産メーカー名は、
    ・ブリジストン
    ・ヨコハマ
    ・トーヨー
    ・ダンロップファルケン
    ・ニットー
    以上5社です。

     二つ目の、価格の違いは性能の違い。
     同じメーカーでも、色々なタイヤのグレードを発売していますが、性能や価格が異なります。

     価格の違いは、雪道での効きの違いと、効きが長持ちするかを評価していると思ってください。
     冬の色々な道路状態、雪・アイスバーン・濡れている・乾燥路面での得意不得意などの走行性能や、運転感覚、静かさ、価格の差はこれらの違いと思っても良いと思います。

     しかし、その性能差は、同じ車で同時に比較することはできませんので、言い換えれば価格で妥協点を見出すより外にありません。

     国産メーカーのタイヤよりももっと安いタイヤというなら、オートバックスやイエローハットのオリジナル品がいいかなと思います。

     大陸製も、もっと安くありますが、トータル的な効きや永年の劣化度は大きく、乗り味も異なると思ったほうがいいかなと思います。
     
     また、冒頭に書いたように、ホイールとセットではいくらなのかとか、夏のタイヤとの交換費用はいくらなのかっていうのも、必然的に判断の分かれ目になりますよね。
     結果的な違いとすれば、雪道での効き具合の年数が長かったとか、早く減ったかなと感じるくらいかと思います。

     国産のメーカーのスタッドレスタイヤなら、各社、低温時にゴムを柔らかく保持するために工夫していて、長期保管していても、硬化・ひび割れ劣化も少なく、保管状態によっては数年使用可能です。
     
    タイヤを購入するお店について

     ホイールへのセットといっしょなら、タイヤ専門店・ディーラーお勧めします。

     何故なら、タイヤ組み込み時のにホイールやタイヤビートの清掃をきちんとしてくれて、バルブ交換、ビードクリームをむらなく塗って組み込んでくれます。

     こうすることによって、保管時の空気抜けが低減できこと、しいては走行中の空気抜けを少なくし安全に走行できます。

     よく、パンクもしていないのに、空気が少なくなるのは、この組み込みの時の雑さで、リムとタイヤの隙間から抜けたりします。
     もちろん、ゴムからも少しは抜けるなんて言いますがそれは極少ないと思ってよいと思います。

    タイヤの保管方法について

     理想は直接日光のあたらない、高温にならない場所。
     どうしても、ベランダ等で保管する時は、専用の紫外線を通さないカバーをかけておけば長持ちします。



     大介です。
     
     実は、スタッドレスの新品をこれまで買ったのは、2度しか新品を買ったことがありません。

     他は全部、オクションで秋口早めにゲットしておきます。
     メーカーはブリジストン、減り具合は9分以上です。注意点は製造年で、保管状態にもよりますが、ブリジストンなら3年前くらいならほとんど硬化・ひび等は気にしなくても良いようです。

    スタッドレスタイヤVRX.JPG
     
     そして、ブリジストンのタイヤ販売店に持ち込んで組み込みます。
     持ち込みタイヤは、組み込みバランスが割高になりますが、トータル的には、新品と比較すれば、半額〜3割程度にはなります。

     スタッドレスタイヤは、地域により使用期間が短かったり、邪魔だったりとオクションに出品されますが、夏タイヤは車といっしょに下取りに出されるためでしょうか。
     夏タイヤは価格自体が安いため、オクションでは、程度の良い物をチョイスすると、組み込みや送料などでコストメリットがあまりでません。

    ■スタッドレスタイヤ選び
     ★楽天市場 ★Amazon

     
    ポチッとお願いします。  

     
    タグキーワード
    2016-12-06 06:32 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.