上杉鷹山の「伝国の辞」晋三君は知らないんだろな。 - とうほく見所より所

前月の人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    上杉鷹山の「伝国の辞」晋三君は知らないんだろな。

     天明5年(1785年)上杉鷹山が35歳という若さで家督を上杉冶広に譲り隠居。
     その際に君主としての心得を「伝国の辞」として冶広に申し渡しました。
     3条からなる藩主としての心得である。

    上杉鷹山

    伝国の辞


    一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
    一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
    一、国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候

    伝国の辞の訳


    一、国(藩)は先祖から子孫へ伝えられるものであり、我(藩主)の私物ではない。
    一、領民は国(藩)に属しているものであり、我(藩主)の私物ではない。
    一、国(藩)・国民(領民)のために存在・行動するのが君主(藩主)であり"君主のために存在・行動する国・国民"ではない。

    「伝国の辞」晋三君はしらないんだろな。


     「加計学園問題」にしろ「森友学園」の土地払い下げにしろ、もし「伝国の辞」を理解していたら、起こらなかった尊宅ですよね。

     民主主義以前の、君主の心得さえ無い人物といえるのかも知れません。
     月とスッポンでしょうか。

    米沢観光NAVIのHP

    米沢市(山形県)の雑学あれこれ。


     米沢市は山形県の内陸部南部、置賜地方の南端に位置しています。


     東に福島県福島市、南に同県北塩原村、喜多方市に隣接し、地理、歴史、文化ともに福島県との関連が深い地域です。
     藩政時代には上杉米沢藩といわれ、その名の通り戦国の武将上杉謙信を藩祖とする上杉の城下町です。
     米沢藩の財政は1750年頃最悪で、そんな中、上杉鷹山の財政再建は全国的に有名です。

     大河ドラマ『天地人』での主役、直江兼続のゆかりのある町として観光客が増加しています。

     米沢藩(米沢市周辺)の地域は、その当時の開拓した地から、畜産、果樹などブドウづくりも盛んでワイナリーもあります。

     さらに、「米沢牛」と言えば「松阪牛」「神戸ビーフ」と並んで日本三大和牛に数えられる銘柄牛の一つですよね。

    米沢牛のお取り寄せ
    米沢牛.jpg
    出典:Amazon

    ★Amazon ★楽天市場 ★Yahoo!ショッピング

    米沢牛をふるさと納税でお取り寄せ。
    ふるさと納税米沢牛.jpg
    出典:Yahoo!ショッピング

    ★Yahoo!ショッピング ★楽天市場 ★Amazon

    ポチッとお願いします。
     

    2017-06-25 20:30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.