亘理町名物「はらこめし」秋の味覚を食す。 - とうほく見所より所

人気記事
    宮城の ★おみやげ ★笹かまぼこ ★牛タン

    JR東日本ダイナミックレールパック

    高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

    亘理町名物「はらこめし」秋の味覚を食す。

     「食欲の秋」だけ食べられるのが「はらこめし」です。

    はらこめし2.JPG

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、「はらこめし」は、炊き込みご飯の一種で、醤油や味醂など一緒に鮭を煮込んだ煮汁で炊き込んだご飯の上に、客に供する前に、鮭の身とイクラ(はらこ)をのせる。店舗では、さらに鮭のあら汁を合わせるのが一般的だそうです。

    「はらこめし」の歴史
     阿武隈川の河口付近にある亘理地方(亘理町荒浜)では、鮭の地引網漁が盛んで、大漁の時に漁師が振舞ったのがはらこ飯と言われている。
     江戸時代に入り領主となった伊達政宗が阿武隈川修繕の視察に亘理地方を訪れた時、地元の漁師からはらこ飯が献上されたといわれている。

    亘理町「和風レスト海仙」ではらこ飯実食



     スーパーの店頭に生の鮭といくらが並ぶようになると、はらこめしのシーズンです。

     亘理町の情報はここから、「ぶらっとわたり」
     シーズンは9月かせ11月頃、このシーズンになると、亘理町には20軒以上のはらこめしをメニューとして提供する店がでてきます。

    和風レスト海仙.JPG

     数ある中から今回食べたお店は、「和風レスト海仙」です。
     友人がいつもここで食べていると聞き行ってみました。

    はらこめし.JPG

     お米に鮭の出汁がしみ、お米の上に薄くスライスし味付けした鮭の切り身と、いくら、見た目もとっても綺麗です。
     勿論、味もとても美味しく言うことなしです。
     一応、お店で食すと、鮭のあら汁がつきます。

    和風レスト海仙はらこめしメニュー2.JPG

     これ以上の表現は、食べてみなければわかりません。

    和風レスト海仙メニュー2.JPG

    和風レスト海仙メニュー.JPG 

     メニューを見たら、はらこめしにも色々なボリュームやバリエーションがあります。
     9月から11月ははらこめしですが、「ホッキめし」や「かきめし」など、四季折々旬の美味しい海の幸がたべられます。

    店舗情報


     和風レスト海鮮

     仙台から車で1時間程度、電車なら30分程度です。

    Sunny .JPG

     店内は、三方窓があり明るい雰囲気です。
     二方向の窓沿いには、テーブル席があり、南側窓のほうはテーブルの小上がりになっています。

    和風レスト海仙店内.JPG

     和風レスト海鮮
     宮城県亘理郡亘理町逢隈高屋倉東57-6
     食べログ 3.2

     店  内★★★☆☆ 家族連★★★★☆
     駐車場★★★★☆ 再訪度★★★★☆
     年齢層20代〜
     総 合★★★★☆ 

     
    ポチッとお願します。 

    2019-11-21 06:29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © とうほく見所より所 All Rights Reserved.